ワインバー・クリマで働く
スタッフインタビュー

――ワインバー・クリマでは、どんな業務を担当していますか?
お店のこと全部ですね。ワインのことやお料理など、お店でやらなきゃいけないことすべてです。それらをやらせて頂いています。

――これまではどのような仕事をしてきましたか?
美容師やって飲食やってアパレルやって、また飲食に戻ってきました。たまたま昔の会社の仲が良かった後輩が、「ワインバー・クリマ」で働きませんかと声をかけてくれたので、また飲食業に戻りました。

――働く上で気をつけていることは?
気をつけていることは、当たり前のことを当たり前にすることです。また、ちゃんとしなきゃいけないことをちゃんとすることですかね。お酒を扱っている場所なので、酔うと気持ちが大きくなってしまうお客様もおります。そうしたときに、人のモラルに外れるようなことはしちゃいけないので、お客様自身も僕自身も、注意できるように働きかけています。それが僕のホスピタリティでもあり、お客様のモラルの部分でもあるでしょうし。守るべきことは守りながら、節度ある呑み方で楽しんで頂けるようにしています。

――このホームページをご覧のお客様に何かメッセージはありますか?
オーナーの島田が長い時間をかけて、すごくいいワインを集めてくださっています。今この値段じゃ呑めないようなワインが呑めます。それも、当時の仕入れの値段で呑めます。分かりやすく言ったら、破格です。そういう場を提供しています。 先ほどちょっと堅苦しいことを言いましたが、お店自体はアットホームです。ラフに楽しめます。お料理は、食べたいものを言って頂ければ、材料がある範囲内で作るようにしています。「何料理」という決まりはあまりありません。カジュアルに使ってもらえたらなと。あとは、生演奏もあります。音楽が好きなら、そういう楽しみ方もして頂きたいです。